プラセンタの腎機能を正常にする効果

尿毒素や高血糖の有害物質を強力に除去できる。

 

クレアチニン値を下げて肝機能維持に効果的です。

 

肝臓専門医も驚く、プラセンタが強力。

 

血液絵を濾過して尿のもとを作る肝臓は、投下物質ageによる動脈硬化で悪化が加速します。

 

補足血管が密集する肝臓はageによって動脈硬化がすすみ、ろ過機能が低下する。

 

慢性腎臓病は寿命に大きな影響を及ぼします。

 

腎不全を起こして人工透析が必要になった患者さんは、平均寿命が健康な人の半分に減ってしまう報告があるほどです。

 

慢性腎臓病の怖さをお伝えする前に、まずは慢性腎臓病がどのようにして起こるのかをお話ししましょう.

 

腎臓病は腰椎という背骨の腰の部分の左右に1つずつあるソラマメのような形をした臓器です。

 

おもな仕事は尿のもとをつくることです。

 

尿の原料は血液です。

 

腎臓には、心臓が送り出す血液の20〜30%が流れ込み、その量は毎分1〜1.2リットルにもなります。

 

腎臓の内部は非常に細い血管(毛細血管)がメサンギウム気質によって束ねられて、糸玉になってつまっています。

 

糸球体という。

 

これが流入してきた血液をろ過して、尿のもとを作るのです。

 

血液の成分は糸球体を通過する間に振り分けられて、血液中に含まれていた老廃物や毒素は余分な水分とともに、尿として排出されます。

 

糸球体のろ過機能が低下した状態が腎臓病です。

 

血圧や高血圧の人は、毛細血管がいためつけられやすく、尿をろ過する働きが低下しやすくなります。

 

最近になって、血管を傷つける原因として、age(終末糖化産物)の存在が注目されるようになってきました。

 

ageは、塔とタンパク質が結合する科学反応(糖化)によって最終的に作られる有害物質です。

 

体内の化学反応は通常、酵素の助けを借りて行われますが、ageはこうそがなくても結合する特性があります。

 

しかもいったん作られると、自然に分解されることは無く、排泄も難しいため、体内にたまってしまいます。

 

一方、体の細胞にはageを呼び込む「age受容体(外から細胞に作用する因子と反応して、細胞の機能を変化させる物質)」が存在します。

 

血管の細胞にあるこの受容体にageが取り付くと、酸化や炎症が引き起こされて血管が傷つき、動脈硬化(血管の老化)がすすみます。

 

細い血管ほど、この損傷を受けやすいこともわかっています.

 

糸球体の毛細血管にこれが蓄積すると基底膜が厚く硬くなるとろ過機能が低下します。

 

すると、血液中の老廃物や毒素が体内にどんどんたまっていきます。

 

プラセンタは腎機能を正常にする効果があります。

 

毒素の中でもとくにやっかいなのはインドールという物質です。

 

インドールは、町内の悪玉菌がトリプトファンというアミノ酸を腐敗させることで生じる物質で、尿毒症の原因となるインドキシル硫酸の材料です。

 

慢性腎臓病の患者さんが尿毒症を起こすと一気に腎不全まで進んでしまい、人工透析をする必要が出てきます。

 

近年は透析技術が進み、過去に比べて患者さんの体にかかる負担は大幅に減りました。

 

とはいえ、病気が進まないうちに腎臓をいたわることがなによりも重要です。